ハンドクラップは足の怪我、捻挫に注意しましょう

ハンドクラップが世の中に浸透していますが、ラクな運動ではありません。

2週間で10キロ痩せるっていう口コミなどで広がって来ていますが、それも運動の仕方次第だということです。

どういうことかと言うと、身体の部分、部分の動かし方やひねり具合そして、ご自身の体力や運動量にも大きく関わってくるからです。

ハンドクラップは誰でも気軽にできそうに思えてしまいますよね。

ただ、ダンスをするだけだからって。

気軽に始めることはできますが、真剣にやってみると結構きついですよね。

特に運動不足の方や普段何もしていないっていう方にユーチューブの韓国人の同じ動きをすれば10キロ痩せますって危険なように思えるのです。

だって、ハンドクラップの動画を見てみると最初から結構飛ばしてませんか?

たしかに同じレベルで動ければ痩せられるのかもしれませんが^^;

足の痛みや足首、膝などの怪我に注意してハンドクラップダンスを

友人も愛好家がいて(そうですよね、無料でユーチューブの動画でダイエットできますから^^)毎日やってたけど、結構ハードでってやめちゃう女性もいましたし、普段運動などもしていない方が、いきなり動画のように張り切って足首が痛くなって3日目で挫折してしまったという男性もいます。

動画を見ればわかると思いますが、大げさというか、むちゃくちゃ大きいアクションで踊っていますよね。

運動不足の方が、準備運動もしないであのレベルのハンドクラップをすれば、それは膝も痛めるはずだって思います。

あのアップテンポでノリが良い曲なのでその流れでついついやっちゃった~という方は正直危険なのですよね^^;

しかし、痩せたいって思った人がやるわけですから、気合入ってます。

入りますよね(笑)。

その結果が、足首の捻挫や怪我、腰が痛くなったという事になってしまうのです。

ご自身の体力・年齢なども考慮してハンズクラップを楽しんでくださいね^^

ハンドクラップに関する怪我などに対する口コミや評判

 

こんな口コミも多いのがハンドクラップの特徴です。

痩せたっていう方も多いのですが、ある程度筋力や基礎体力がある方が運動可能なダンスかもしれません。

だって、ダンスですから運動不足の方は気をつけて行ってくださいね^^